【人生の年代別生き方】06. 10年ごとに仕事を区切る

今回は仕事についてを詳しく掘り下げ、10年ごとに区切って仕事をする、というテーマでお話します。

20代で会社を立ち上げる際には、まず30年後の会社のビジョンを作り、計画を立てました。
今までの経験から、自分の得意なこと・やりたいことも考え、会社規模としては、20人ぐらいのメンバーで10億ぐらいの売上に達成できるように、10年ごとに区切って計画します。
さらに詳細な計画としては、3年ごとの計画を立てます。
1年目は3年間の計画を立て、2年目は頑張って目標を達成する、3年目は次の準備を開始するため少し売上は下がります。

ポイントとしては、売り上げを重視するのではなく、楽しく社会に貢献できる家づくりをしたいという、目標があったので、無理のない売上に抑えました。
そして、最初の10年は良い職人さんに集まってもらうために工務から実施し、良い技術職の方に仕事をしてもらう基盤を作りました。
次の10年は設計に力を入れ、最後の10年は企画を重視しました。
これはあくまでも自分にあった会社のビジョンです。世の中動向を見据えながら最初に計画して進めました。

とはいっても、世の中は変動するので、変化に合わせて微調整して、無理せず柔軟に進んでいく事も大切てす。

株式会社こえラボ:https://koelab.co.jp/

『人生の年代別生き方』のすべてのエピソードを聴くには下記のURLからアクセスください。
iPhone:https://itunes.apple.com/jp/podcast/id1426305352
Android: https://castbox.fm/va/1395548

【シンガーナターシャのDear My Friends】011.料亭での下働き時代

調理師学校へ行ったあと、もうちょっと料理をしたいと思ったので料亭で仕事しました。もちろん下働きです。毎日違う惑星に通っているようでした。怖い怖いと思いながらやってましたが、今となったらあの体力のある時にやっててよかったと思います。かなり面白い体験だったのでぜひ聞いてくださいね。

『シンガーナターシャのDear My Friends』のすべてのエピソードを聴くには下記のURLからアクセスください。
iPhone: https://itunes.apple.com/jp/podcast/id1378829027
Android: https://castbox.fm/va/1256452

【ITってなんだ?躊躇わないことだ!】012.対局!大将棋

今回は、株式会社FONDOが開発している、「対局!大将棋」というスマホアプリのお話しです。
「大将棋」とは鎌倉時代に指されていた将棋で、現在よりマスや駒の数が多く、展開がとてもダイナミックな将棋です。
複雑な駒の動きに対応するための新規開発や、ヘルプ機能の充実などの開発で苦労したお話しもとても興味深いです。
昔に指されていた将棋文化に、誰でもスマホから手軽に触れることができるという、わくわくするお話しをぜひお聴き下さい。
今後も、株式会社FONDOではエンターテインメントや業務改善に関する製品など、さまざまな開発を行っていきますので、ぜひご期待ください!

お問い合わせはこちら:http://fondo.jp/contact.html

『ITってなんだ?躊躇わないことだ!』のすべてのエピソードを聴くには下記のURLからアクセスください。
iPhone: https://itunes.apple.com/jp/podcast/id1393962230
Android: https://castbox.fm/va/1309282

【偉人の名言366命日編〜人生が豊かになる一日一言〜】第33回「名言との対話」多摩大学経営情報学部 中村その子教授の「座右の銘」~あわてず さわがず たじろがず~

多摩大学開学から30年、常に学生と目線を合わせて向き合い共に行動してきた中村その子教授の座右の銘は「あわてず さわがず たじろがず」。
教務委員長として重責を担うなか、肩に力を入れすぎることなく何事にも最大限の努力とともに座右の銘を実践。
人生100年時代の目標は、双方向の学び合い。いつも穏やかな雰囲気の中村その子教授が愛車の運転では高速道路を疾走する意外な一面も視聴できます。

ゲスト:多摩大学 経営情報学部 教授 中村その子
ナビゲータ:多摩大学 教授 久恒啓一

『名言との対話』のすべてのエピソードを聴くには下記のURLからアクセスください。
iPhone: https://itunes.apple.com/jp/podcast/id1323710347
Android: https://castbox.fm/va/1115874